[Prolog]存在記号∃を表現する

Prologで述語論理の存在記号∃をどうやって表現するのか?

Prologは一階述語論理をベースに作られているから、論理学の色々な記号を表すのは得意だろう、それなら存在記号∃を表すことも出来るのではないだろうかと思いいろいろ調べていたのですが、文法にはそれっぽいのなく、う~んできないのかな…と悩んでいました。

存在記号というのは

「人間の中には血液型がA型の人間が存在する」

などを表す記号です。

もうひとつ「全称記号∀」というのがあるのですが、これは「すべての」を表す記号で、例えば

「すべての人間は、呼吸をする」

などを表す記号です。

これはPrologで表すのは簡単で、

breathe(A):-human(A). % Aが人間であれば呼吸をするという述語

で表すことが出来ます。
Aというのが自由変数になっていてどのような対象にもマッチングするので、「すべての」が表現できるのです。

このプログラムに、例えば

human(taro). % taroは人間であるという記述

と追記し、プロンプトで

breathe(A).

と入力すると

A = taro.

(呼吸するのはtaro)
という返答が返ってきます。

そして始めの疑問に戻りますが、
上記の存在記号∃バージョンは果たしてどのように記述するのか。

「人間の中には血液型がA型の人間が存在する」

はどうPrologで記述するのか。

yahooの知恵袋や外国のstackoverflowで英語で質問してみたのですが、回答が得られず、あきらめかけていたのですが、以下のページを見てやっとわかりました。

Convert first-order logic expressions to normal form

このページの

4. Somebody has a car.



person(sk10).
car(sk11).
has(sk10, sk11).

に変換されているのを見てやっと分かりました

「なんでもいいから、何か」を登録すれば良いのです

human(someone).
bloodtype_A(someone).

これでOKです。

someoneというのはいったい誰なのか、それは自分もわからない。
とにかくそれは人間です。
そして、bloodtype_A(_)を満たす人間someoneが、間違いなく存在する。
これで∃の条件は満たされます。
ここで引数に自由変数を使ってしまうと、上で述べた「すべての」になってしまうのでアウトです。

さらにいうと、色々な述語をつくるときに、この someone という同じアトムを使いまわすとおかしくなる
(someoneは血液型がAでしかもBでとかになる)
ので、someoneの後ろに添え字を追加し、述語ごとにユニークにする必要があるでしょう。

気付けば単純なことなんだけど、なかなか思い至らなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>